スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/11

390th day in Mer'awy /  438th day in Ethiopia
06 / 13 / 2003EC


20110911t.jpg
(サラーム)
peace




あのアメリカ同時多発テロから10年。
It has been a decade since September 11th attacks.


正直もう10年も経ったのかと驚いた。
I'm honestly quite surprised when I noticed it took 10 years.


あのとき私はタイにいた。
I stayed at Thailand at that time.


住み込みのワーカーさんが,珍しく私の部屋に来て知らせてくれた。TVで映るシーンはまるで映画のワンシーンのようで,タイ語のニュースでは何が起こったのかさっぱりわからなかった。
For a change, a live-in worker came to my room and told the attacks.  The scene which appeared on TV seemed like filmic scene.  I couldn't understand what happened when I watched TV news by Thai language.


数日後街に出てインターネットを見てようやくそれがテロであることが分かった。
I understand it had been a terrorism by going to a town to check web site a few days later.


そしてラジオの短波放送で日本人にも犠牲者がでていることにショックを受けた。
I was shocked to hear that some Japanese people were killed on radio shortwave broadcasting.


さらに数日後,高校時代のサッカー部のマネージャーから後輩が巻き込まれたことを知らされた。
Another few days later, I heard by a coach's assistant that my junior of high shcool football club had been killed.

多くの人が犠牲になった事件で,まさか自分の知っている人が巻き込まれるなんて思ってもいなかった。
I had not expected that my acquaintance was involved in big incident which many people were sacrificed.


私はタイに滞在していたため,彼の告別式にも高校の追悼式にも出られなかった。伝え聞くところによると,アメリカ留学の準備のために渡航していたとのことだった。
I couldn't attend his memorial service and memorial ceremony in high school.  I heard he had been to US to prepare studying in US.


夢を持った後輩が,夢半ばで人生を断ち切られた。彼の無念はいかばかりか。
He had a dream.  But he was cut short before fulfilling his dream.  How much his disappointment is!


恥ずかしながら,この事件以前はテロにも一理あると思っていた。でも自分の知っている人が巻き込まれて,初めてテロの理不尽さがわかった。先輩後輩の間柄でさえ,大きな喪失感を味わった。ましてやご家族の無念さは相当なものだというのは想像に難くない。
I'm ashamed to say, I had thought there had been something in terrorism.  I had not understood unreasonableness of terrorism until my acquaintance was involved.  I felt lost even though he and I were only junior and senior in football club.  Moreover, his family must have felt big loss.




あの事件以来世界は急速に変わったように感じる。
I feel the world changes rapidly since the attacks.


いったい世界は平和に向かっているのだろうか。
I wonder whether the world becomes peace or not.


なにか相互不信の度合いが強くなっただけの気がしてならない。
I cannot help feeling that state of mutual distrust becomes worse.


私は相互理解と違いを尊重する姿勢が,平和への一歩だと信じている。そのために教育があるとも思っている。だから私は教壇に立つ。
I strongly believe that cross-fertilization and respect of difference are one step for peace.  I think education is for them.  Therefore, I am a teacher.


私が協力隊でエチオピアにいる意味の一つもそこにはある。エチオピアの人々に日本を知ってもらうこと。そしてエチオピア・アフリカで感じたことを日本の子供たちに伝えること。そうやってお互いを知り,その違いをリスペクトし合うことができるようにと願っている。
This is why I stay in Ethiopia as a JICA volunteer.  To let Ethiopian know about Japan; To tell what I feel in Ethiopia and Africa to Japanese children.  I hope they will respect difference.


世界に平和を,平穏を。
I hope peace and calm in the world.
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://okudaethiopia.blog118.fc2.com/tb.php/308-0fc7d862

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。