スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロとして As a professional

378th day in Mer'awy /  426th day in Ethiopia
24 / 12 / 2003EC


私は理科教育のプロフェッショナルだ。
I am a professional about science education.


教員免状を有しているから。
You might think I am because I have education license.


ではない。
No, I don't think so.


自分の行為の対価としてお金をもらう者はプロだと私は思っている。
I think you are a professional when you get salary in exchange of your action.


少なくとも教育のプロに免状の有無など関係ない。
I don't think whether you have license or not is no relation to say you are a professional of education at least.


そう思って私はやってきた。だから大学生のアルバイトとして家庭教師をやっているときでもプロとしての責任感はもっていたつもりだ。
I have thought so.  Thus, I had sense of responsibility even when I was a home tutor as part time job during university.


もちろんプロ=一流というわけでもない。が,プロである以上ある一定の成果はださなければいけない。プロである以上対価に見合った仕事をこなすのが当たり前。そう思ってやってきた。
I don't think all professionals are top-classes. 
A professional should achieve proper results.  A professional carry out a job corresponding equivalent value.   I have done with thinking such kind of things.


私はボランティアとしてエチオピアに来ている。プロとしての立場を同時に持ちながら。
I stay at Ethiopia as a volunteer.  At same time I keep a professional position.

プロとしてのこの1年の活動はどうだ?
How about my volunteer activity in this one year as a professional?


正直言って対価に見合った仕事と言えないであろう。もちろん日本への還元などを考えればそうとも言い切れない部分があるが,先のことではなく,今この時を見ればプロとして失格。
To be honest, it cannot be said that my activity was worth as a professional.  It is sure that my activity might be estimated with both in Ethiopia and in Japan to return my experience.  Focused on in Ethiopia, my activity didn't succeed as a professional.



いよいよエチオピアの新学期が始まる。
It is time to start Ethiopian fiscal year.


実質あと半年。
The rest of time is substantially a half year.


プロとして同じ過ちは許されない。
I am not admitted to be in fault as a professional.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://okudaethiopia.blog118.fc2.com/tb.php/303-db4effea

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。