スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産をめぐる状況 Situation of giving birth

290th day in Mer'awy /  338th day in Ethiopia
26 / 09 / 2003EC


こんな記事を見つけました。
I found an interesting article on the web (Japanese text).


ザンビアについての記事です。
医療機関に頼ろうにも物理的な距離などで頼れない妊産婦についてのちょっとした記事です。
This article is written about expectant and nursing mothers who want to get any advise by professionals but cannot because of far distance in Zambia.


エチオピアでも似たような状況です。
WHOの分析(web 上の記事)で2005年の調査の結果が出ています。
The situation in Ethiopia is same as in Zambia.
You can check the analysis by WHO on the web site about result of survey in 2005 in Ethiopia.
 

アフリカの多くの国ではやはり自宅出産が多いのでしょう。
エチオピアでは検診に行った妊婦が25%強いますが,それでも自宅出産が9割以上。乳児の死亡率も決して低くはないですね。妊産婦の死亡率はわかりませんが自宅出産の高さからもザンビアと同じような状況ではと推測されます。
It seems that many women give birth at their house in Africa.
In Ethiopia a little over 25% of pregnant women go to medical screening but over 90% of women give birth at house.  Mortality rate of infant is not low.  Mortality rate of expectant and nursing mothers is not clear and it estimated same as in Zambia because high rate of giving birth at own house.



緊急性の高い援助は注目度も高く支援も集まりやすい。しかし継続性が必要で目立たないものにはなかなか支援がいきとどかない。
Aid for emergent situation is well attention-paid and easy to get support, but aid for continuous situation and unremarkable thing is not easy to support.



協力隊の援助も,できているかはおいといて,目立たないがじんわり効果がでるような支援を目指している(はず)。
Aim of aid by JOCV is, whether it is succeeded or not, unremarkable but effective gradually, which I want to think.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://okudaethiopia.blog118.fc2.com/tb.php/274-8b164a80

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。