スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の意地 Pride of Japan

220th day in Mer'awy / 268th day in Ethiopia
16 / 07 / 2003EC

今日JICA関係のメールがきた。
I received an email from organization related to JICA.


二本松訓練所が避難所になってるらしい。
それに伴い1次隊の訓練をJICA大阪国際センターで
することになったそうだ。
It said that Nihonmatsu Training Center is now one of place
of evacuation place against Japan Quake, so training for
next JOCVs and SVs will be held in JICA Osaka international
Center.
* Osaka is about 500 km far west from Tokyo.


JICA(国)の並々ならぬ決意を感じる。
協力隊のボランティアは一方的に送っているのではなく,
受け入れ国との協議の上,送っている。
I feel inflexible determination by JICA and Japanese government.
Japan doesn't send volunteers one-sidely but send them through
consultation with host countries.


この国難とも言える災害を受けて,訓練中止もしくは延期による
派遣中止・延期も選択肢としてあったはずだ。
I think JICA thought sending volunteers would be postponed nor
suspended due to postponement or suspension of training
because of a crisis for nation.


しかし訓練場所を変えてでも派遣は予定通りのようだ。
But JICA will sent volunteers as scheduled though
it changes a training place.


国としての約束を簡単に曲げない。
例えそれが国難と言える状況においても。
小さな一例だが,日本の矜持を感じた。
Japan hardly changes promises.
Even though it faces terrible disaster, Japan keep its promise.
I feel pride of Japan through small example.


日本(人)は粛々と仕事をこなす,
そこから復興・再生がおこる。
Japan and Japanese people work solemnly.
So, Japan can rebuild and renew.
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://okudaethiopia.blog118.fc2.com/tb.php/239-e55c4228

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。