スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ADHDと薬 ADHD and its medicine

217th day in Mer'awy /  265th day in Ethiopia
13 / 07 / 2003EC


ここ最近ADHD(注意欠陥・多動性障害)やLD(学習障害)
といった言葉が数年学校現場だけでなく
世間一般にもよく知られてくるようになった。
These days the words of ADHD (Attention Deficit Hyperactivity
Disorder) and LD (Learning Disability) become popular
not only in the classroom but in society.


認識が増えた分,保護者の方が低年齢で気づくことが
多くなり,早めの対処が行われる例が増えた。
The more people recognize, parents notice their children
are under these situation. Therefore the number of acts
that they deal with this symptom in early stage.


最近は薬物治療も行われるようである。
(日本ではかなり選択肢が限られるようだが)
I heard that it is not rare to do drug treatment.



で,薬物治療で気になる記事を英紙ガーディアンweb 版で
見つけた。
I found an attractive article on the web of English paper, Guardian.

http://www.guardian.co.uk/society/2011/mar/18/behaviour-drugs-four-year-olds

記事の中身は,
The contents is following;


リタリン(商品名:日本ではADHDには処方されず)について。
About Ritalin (product name: it is not prescribed for ADHD in Japan).

英国では5歳児以下には処方されないはずだが,
一部の親の圧力に,一般医が学校や教師への相談もなしに
処方している。
In UK under six children should be taken this drug,
but some GPs prescribed without any consult with schools or
teachers because some parents ask it strongly.


多くの精神科医が安易な診断を憂慮し,有害性も
心配している。
Many psychologists are very concerned at easy diagnosis and
worried about the adverse effects.


一方で,劇的な効果が見られるので使うべきだ。
一般医は小児性の精神疾患にもっと注意を払うべきだ,
という主張もある。
On the contrary some experts insist that GPs should
prescribe it because of dramatic effect and that GPs
should be much awareness of mental illness in childhood.



ただ副作用もあるようで,不眠や食欲減退などが
見られる。
There are side effects. That is, sleeplessness and appetite loss.


また長期服用に関する副作用の問題はまだ結論が
出ていず,これからさらなる研究待ち。
Long time effects are inconclusive and we need more research.


そしてやっかいなことに人格形成にも影響を及ぼす
可能性がある。
What is worse, there are possibility that it may effect on
personality development.


ある専門家は,子供に対する強い向精神薬は最後の砦なのに,
まるでお菓子のように扱っていると憂慮している。
Some expert deplore that a strong psychotropic drugs to children
should be a last resort but are handled out like sweet.

以上
over.



薬による平穏と,副作用と長期的影響を
天秤にかける難しい問題。
It is difficult problem to balance between peace by drug
and side-effects & long time effect.
関連記事
スポンサーサイト

コメント

そうそう

へぇぇぇー
薬を使うのって、やっぱり抵抗がありますね。

そういや、今日ちょうど、わたしってADHDやなっと思ってました。だって、いろんなことに気がちるんやもん!おもしろそうなことが、いろいろ道あるいとったらあるから寄り道しすぎて…すぐ夕方になる。これってADHD??
毎日、注意散漫です…
エチオピアでもADHDや学習障害の生徒って多いのかな?
FROM ずわい
2011-03-24 01:26 まりやけど! #- URL [ 編集 ]

Re: そうそう



まぁ薬に抵抗があるのはわかるけど,劇的によくなるっていう症例が多いと
頼りたくなる気持ちもわからんことはない。

ADHDは言葉の一人歩きしてる部分もあるから,安易に使わないでね。
診断方法によっても違うみたいだけど,勝手な自己判断でADHDと自分で
自分を判断するのも危険やし,ましてそれで他人を見ないように。

2011-03-27 00:11 Prof Diego #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://okudaethiopia.blog118.fc2.com/tb.php/237-79e0cda7

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。