スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犠牲祭 146th day in Ethiopia

100th day in Mer'awy
2003 / 03 / 14

20101123.jpg
(イドゥ アル アドゥハ)


今日は任地メラウィに来て記念すべき100日目!
Today is memorable 100th day starting from staying at Merawi.


思えば前半は不自由なホテル生活で,おまけに
言葉も不自由で(今でもですが),結構しんどい
思いをしてました。
Come to think about it, in the first half  because of
difficult life in the hotel and disable of language,
even now, I had felt tired.


でも今は家に移り,まずまず自分のペースで
生活を送ることができています。
Now I moved to my house and I can spent
mostly at my own pace.




さて,本日のお題はイスラム教の犠牲祭。
ここエチオピアにもムスリムはいます。
By the way, today's topic is Islamic holly day.
Here in Ethiopia there are Muslims.


先週の16日(火曜日)がここエチオピアでは
犠牲祭にあたり,ムスリムがあちこちで
牛やら羊を捧げたようです。
The 16th on Tue last week was Islamic holly day
in Ethiopia, Muslims seemed to sacrifice cows and sheep.


牛さんの屠殺の様子は他のブログに
詳しい(→マレーシアインドネシア)ので
ゆずるとして,私の見た感想を少し。
The situation about butchery is mentioned by
other blogs (in Malaysia and Indonesia) with details,
so I will mention about not butchery but my feeling.


牛の殺される瞬間は実は見て無くて,
倒され首を切られほぼ絶命したときから
見始めた。
I didn't see the timing that a cow was just butchered.
I started to watch after the cow almost died.

20101123 牛 (1)

そのためか,理科的興味が先走ってしまった。
That might make me have my scientific interest.


その1:
気道ってなんか人工物みたい。まるで
洗濯機からでてる排水パイプだよ。
First:
The respiratory seems artificial.
It seems like a draining pipe of washing machine.


(閲覧注意 Warning: It's grotesque)






20101123 牛 (2)




その2:
大腿骨の関節はさすがにでかいなぁ。
Second:
A joint of a thighbone is indeed big.
20101123 牛関節 (1) 20101123 牛関節 (2)


その3:
本体絶命してるのに,各細胞はまだ生きてるのか!?

切り分けられたお肉ピクピクしてます。
神経伝達物質がいきなりなくなるわけではないので
痙攣を起こすと聞いた覚えがあるようなないような。
Third:
Cells are living although the body already died!?
Meat cut and divided was twitching.
I might heard that meat can twitch because it takes
time to lose neurotransmitters.


[広告] VPS




おまけ
牛を殺すのも解体するのも大人がえっちらおっちら
やってるわけですが,その横で子供達がナイフ片手に
肉をそいでます(生肉はごちそうですからこっちでは)。
そうやって見よう見まねでやがて牛を解体できるように
なるんだなぁ。
Another:
To butcher the cow was operated by adults. By that adults
children cut small pieces of meat by small knife.
(Row meat is plenty good food in Ethiopia)
They can get skill to butcher cows by following adults' example

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ほんとピクピク動いてるね。

モンゴルで羊の解体はみたけど少し遠目だったからこんなリアルにわからなかったなぁ。

明日カズの保育所で給食の先生が「大きな魚の解体」を見せてくれます。
日本で、牛や羊って訳にはなかなかいかないけれど、命あるものをいただいて人間は生きている事を子供の頃から知る事は大切だよね。
2010-11-24 11:50 chako #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://okudaethiopia.blog118.fc2.com/tb.php/172-4c72ceeb

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。