スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偉大な先輩 (68th day in Ethiopia 20th day in Mer'awy)

2002 / 13 / 01

a great precursor


この日曜日,バハルでの2年の活動を終えて日本に
帰る先輩の送別会があった。
On Sunday I joined a farewell party for a precursor, who
almost finished her volunteer work of 2 years and leaves here.


この先輩は多くの逸話,いや伝説の持ち主だ。
She is a legend of JICA volunteer in Ethiopia.


赴任2日目にして,家に賊に入られ全ての物を盗まれた。
She had all her belongings stolen by a thief on 2nd day she started to live.

並の神経の持ち主ならここでやる気をなくすが,
彼女は日本から必要なものを取り寄せ,任地に戻ってきた。
A person with ordinary mental may lose motivation,
but she was so tough that she had anything she needed sent to her
and came back her host city.


すれ違う子供に水をかけられたり,配属先の職員と
喧嘩したり,街中の若い男に五月蠅くつきまとわれたりと
エチオピアが嫌いになる逸話にはことかかない。
She was splashed by a child when he passed each other.
She had quarrels with co-workers in her host office.
She was followed round by young men in the city.
Why she dislikes Ethiopia was because there were such episodes.


しかしエチオピアが嫌いといいつつやることはやっている。
違う先輩が,エチオピアが嫌いといいつつ本当は好きなのだ
と言っていたが,私もそう思う。

She said she disliked Ethiopia, however, she did everything she should do.
One another volunteer said that she said she disliked Ethiopia
but that she actually liked Ethiopia. I agree his opinion.


そうでなければ帰国ぎりぎりまで新たな提案などしない。
それもエチオピアがもっと魅力的な国になる提案だ。
If she actually dislikes Ethiopa, she never made a new proposal,
which makes Ethiopia be more attractive country.



これから先,自分の活動にも困難な時期があるだろう。
エチオピアが嫌いになってしまう出来事があるかも
しれない。
There will be tough period in my volunteer period.
I may come to dislike Ethiopia because of some trouble.


そんなときにはこの先輩のことを思いだそう。
真のプロフェッショナルなこの先輩のことを。
At that time let me recall her, who is true professional.
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://okudaethiopia.blog118.fc2.com/tb.php/140-448a7fa8

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。