スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各国ボランティアに乾杯 (エチオピア52日目 メラウィ4日目)

土曜日はマラウィから近いバハルダールに行きました。
バハルダールはタナ湖畔にある大きな街。

この街にはJICAのボランティアも居ますが,
他国のボランティアも入っています。

KICAと スペイン人ボランティア2人,そしてJICAの先輩隊員
KICA(韓国版JICA)のお宅でホームパーティです。

先輩隊員の持ってきたカレールーでカレーを作り,
スペイン人はズッキーニでスペインオムレツを作ってくれました。

ビールとワイン片手にわいわいと止めどもなく会話を
楽しみました。

エチオピアに関することもあれば,それぞれの文化に
関することも。

JICAとKICAのサポート体制の違いやスペイン人たちの
苦労話などいろいろおもしろい。

雨が降ってきて停電になろうが,トーチの灯りを頼りに
話の花が咲きます。

私はエチオピアで使うアムハラ語がまだ片言なので
自由気ままにしゃべれるのがなんと楽なことか。

アムハラ語でもはやくこんな風に意思疎通が
できるとええんやけど。



On Saturday I went to Bahir Dar where is lakeside of Tana Lake
and close to my host town, Mer'awy.

In Bahir Dar JICA volunteers work and other countries' volunteers
also work.

I joined a party with a KICA (Korean agency) volunteer, two
Spanish volunteers and a JICA predecessor volunteer.

We ate Japanese curry rice and Spanish omelet with beer and wine.

I enjoyed talking about any topics, i.e., Ethiopian culture, the difference
of support between JICA and KICA, what Spanish are struggling about
and so on.


I can speak Amharic (Ethiopian language) very little.
I enjoyed talking without stress of language.
I hope I get used to Amharic as soon as possible.
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://okudaethiopia.blog118.fc2.com/tb.php/132-04805c3a

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。