スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アムハラ語2

アムハラ語(エチオピアの主要言語の一つ)の学習も
折り返しに到達。

いよいよ動詞と前(後)置詞に突入。


動詞がとにかく曲者。格変化が多い。
格の種類は10種類。
一人称 / 二人称(男性) / 二人称(女性) / 
二人称(丁寧) / 彼 / 彼女 / 彼・彼女(丁寧) /
一人称複数 / 二人称複数 / 三人称複数

現在形と未来形は同じなのだが,
否定形も格によって違う。

つまり現在形(未来形)だけで20種類の格変化を覚える
必要がある。

一応格変化は基本形があるのだが,
接頭詞と接尾詞で挟み込む形なのでややこしいこと
極まりない。

例)一人称は 接頭詞 i と接尾詞 allehu がつく
  行く(hed)という動詞はつまり ihedallehu になる。

現地人でも時々間違えるらしい。
なんじゃそりゃぁ


先生にはとりあえず自分(一人称)を覚えていけと
言われる。先輩の中にも全部の格変化を覚え切れてないと
いう人も。

want to ~,like to ~,can に相当する動詞を
習ったので,とりあえず言いたいことを伝える術は
手に入れた。後はいかに多くの動詞を覚えるか。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://okudaethiopia.blog118.fc2.com/tb.php/121-d34cf020

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。