スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死について考える213th day in Ethiopia

165th day in Mer'awy
2003 / 05 / 21

20110129.jpg
(モット)
death




先日成績処理の関係で担任の先生に
学校をやめた生徒について聞いたときの
こと,ある1人の生徒が死んだと知った。
When I asked a class teacher about students who
had left school for checking a class record some
days ago, she said some student had died.


病気だったらしい。
She had been ill.


私の同僚は幸いにして元気であるが,
隊員の中には同僚が死んでしまったという
経験をもつものもいる。
Fortunately I don't have an experience that
my colleague died, however, there are some
Japan Overseas Cooperation Volunteers (JOCVs)
who have that experience.



10年前タイにいたとき,1年で知り合いが
2人亡くなった。
When I stayed at Thailand 10 years ago,
I lost two acquaintances in one year.

1人は交通事故で,1人は病気で。
One was killed by traffic accident,
the other was by illness.


途上国にいると,死が身近にあるような気が
してならない。
When I stay at developing country, I must feel
death is familiar to me.


それは単に人の死ばかりではない。
It is not only human's death.




私の街の肉屋には牛肉はあれど,鶏肉は
売ってない。
I can buy beef but chicken at a butcher shop
in my town.


人々は牛肉以外の肉は食べないのか?
そんなことはない。羊や鶏の肉も食す。
Don't people eat meat except beef?
They eat it.
They eat mutton and chicken also.


売ってないのに,どうやって?
They can't buy them. How?


食べるときに屠るのである。
When they want to eat them, they slaughter them.


エチオピア正教徒もイスラム教徒も
祝祭日には,鶏や羊,牛などを屠り食す。
Believers of Ethiopian Orthodox Christianity and Islam
slaughter chickens, sheep or cows and eat them
at holly holidays.


屠るのは近所の広場であったり,家の軒先であったり。
To slaughter them is held at an open space or in front of
the house.



こないだまで元気だった仲間が死ぬ。
さっきまでメェメェ鳴いていた羊が屠られ
あなたの目の前のご馳走と化す。
A colleague or acquaintance, who was healthy until recently, die.
A sheep which bleated a while ago is slaughtered
and is served as dinner for you.





翻って日本。
And now, turning to the situation in Japan.


死はもっとも遠い存在の一つになってやしないか。
I wonder if death is one of the farthest existence.


教育に携わるものの1人として,命の大切さを
教えてきたつもりだが,はたして命と表裏一体の
死についてはどうだろう。
I thought I taught the importance of life as one of
person involved in education.
I wonder if I taught death which is other side of the same coin.



帰国後の宿題の一つになりそうだ。
This topic might be one of my assignment after going back
to Japan.






参考文献:隠された風景(南方新社)2004年
福岡 賢正 著

Reference: FUKUOKA Kensei. 2004.
"Kakusareta Fukei (Japanese text)"
Nanpo Shisha

ぜひ一読をおすすめする
I strongly recommend you to read it.
関連記事
スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。