スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震と援助 Earthquake and aid

213th day in Mer'awy /  261st day in Ethiopia
09 / 07 / 2003EC


20110318.jpg
 (ヤマレット マンカットゥカットゥ ウナ マルダット)
earthquake and aid




日本の地震に対して世界中で支援の輪が
広がっている。
The circle of support for Japan Quake goes on widening


日本でも当然のように,節電に協力したり
募金を募ったりして被災者を支援する動きが
活発なようだ。
In Japan also, people regard support as quite natural.
They cooperate to be tolerant against shortage of electricity
and donate for supporting the suffers from this disaster.


この未曾有の災害に人々が協力して
乗り切っていこうとする姿はすばらしい。
I think it is quite heartwarming to see that people
cooperate and try to overcome this unprecedented disaster.

自分も微力ながら募金という形で
支援に参加している。
I also donated even though what I can do is little.






が,ここでふと考えた。
Yet, I consider well.


この地震災害はインパクトが大きく,
また自国で起こったことでもあり
何も考えず募金を行った。
This quake disaster has huge impact and
it occurred in my country, so I donated without thinking.


しかし,世界中には,いや日本にも
忘れられた存在の,助けを必要とする人たちが
恒常的に存在する。
However, there are constantly people as forgotten
who needs to help in the world, even in Japan.


日常的に困窮する人々は,よほどのインパクトが
ない限りニュースにならない。
ニュースにならなければ,なかなか人々の関心も呼ばない。
It is not in the news that people who are in hard straits in
usual, except on extraordinary impacts.
People don't pay attention to them if there is no news.


自戒を込めていうが,
われわれはそういう人たちに今まで
支援の手を充分に差し向けていたのだろうか?
I ask everyone with self-remonstrance.
Have you supported them enough so far?



今回の地震でも,1年2年経てば人々の
記憶は薄れていく。
This disaster will fade from our memory after 1 or 2 year,
even though it is unprecedented.


しかし1年2年で再生復興が完全になし得ないことは
阪神大震災を見ればあきらかだ。
It is clear from experience of Great Hanshin-Awaji Earthquake
that restore and revival cannot be achieved just in 1 or 2 years.


記憶が薄れたからといって,勝手に再生などしないし
問題は解決しない。
Disaster will fade from memory, however, land and city
don't renew by itself and any problems still exist.


継続的な支援が必要なのだ。
They need constant help.




世界には,多くの人々から忘れられ
困窮している人がいる。
There are many people who are forgotten and in poverty.



日本の今度の地震に対する支援の数%でも
そういった人たちに向けることはできないだろうか。
I wonder if you can use a few percent of support for this
disaster to them.



改めて自戒する。
I remonstrate with my self again.

スポンサーサイト

援助のあり方

122nd day in Ethiopia 76th day in Mer'awy
2003 / 02 / 21


先日英国ガーディアンのweb版にこんな記事を見つけた。
I found an article on the web of the Guardian which publishes in England.

the story of Katine

(記事がリンク切れの場合はこちら↓ (単語帳もあり))
(please check txt below if you cannot find this page because of unlinked)

訳20101030記事  (日本語訳 訳当ブログ筆者 かなり怪しいのはご勘弁を)

an article 20101030  (English)




ウガンダ北東部での3年間の援助プロジェクトについての記事だ。
This article is written about 3 yrs aid project in north-eastern Uganda.
マイクロファイナンスを使った低額融資で住民が
自分たちの生活を向上させてきた経緯などが
書かれている。
The article wrote details how villagers had developed
their lives using low loans by micro-finace.


この援助プロジェクトはガーディアンのウェブサイトに
逐一報告されたという。その内容は美辞麗句ばかり
ではなく,成功している点ももちろんだが,失敗して
いる点も報告しているらしい。
Readers could check the progress on the web site of The Guardian.
The web site showed not only flowery words or successful things
but also they failed.


読者や寄付者の厳しい指摘に,住民がこのプロジェクトが
どうあるべきかをコメントしたり,援助団体が今どのような
ことをなぜやっているかを説明したりしたらしい。
Readers and donors had tough question about the project.
Therefore, villagers explained what they think the project
should do and the relief organization explained what they
were doing and why.


援助は確かに実際に何が行われ,その結果どうなったが
援助者には見えないことが多い。
It is almost unknown for donors about what assistance do
and how it's going.


援助者の直接的な疑問に答えることによって
被援助者や援助団体もその援助の妥当性などを
考える良い機会になるかもしれない。
It might be good opportunity for aid-receiving person
and relief organization to think suitability when
they ask question from donors.


自分も援助に関わる者として考えさせられる記事だ。
The article also makes me think deeply as a person
who takes part in assistance.

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。