スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Last day

3月19日、エチオピア最後の日。
March 19. The last day in Ethiopia.

最後の日も後輩隊員の活動を見たいと思ったけど、細々とした準備に追われ結局この日は無理。
I wanted to observe remaining JOCV's activity even last day. It was impossible 'cause I needed to deal with various things.


17時頃空港へ。
I went to the airport around 5PM.



見送りにたくさん来ていただきました。
Many people went there to see off.

20120331.jpg

いろいろと話したり写真を撮ったりしているうちに搭乗ぎりぎりの時間に。
It's time to leave while we talked and took photos


最後は慌ただしい出国となりました。
I rushed to leave Ethiopia.


次にエチオピアにくるのはいつでしょう。
I wonder when I come next time.


活動そのものは必ずしも成功とはいえませんでした。
I cannot say my activity was succeeded.

でも、エチオピアで活動する仲間といろいろと話しあえたのは大きな収穫でした。
However, I can say I got fruit that I talked with my companies who work in Ethiopia about various topics.

またエチオピアの先生や教育局の人と話すことで、断片的ではありますが、エチオピアにおける理科教育の現状を知れたのも大きな財産です。
I also got fruit that I got information through talking with Ethiopian teachers and officers of education bureau.

直接的には無理ですが、今後もエチオピアの理科教育に寄与できたらと思います。
I hope I will contribute to science education in Ethiopia not directly but indirectly.







不覚にもちょっぴり泣きました。
I shed tears in spite of myself.

スポンサーサイト

Last party

先々週土曜日、エチオピアからの送別会が開かれました。
Farewell party for JOCV who leave Ethiopia was held Sat. of the week before last.

場所は隊員用ドミトリー。
At the dormitory for JOCV in Addis Ababa.

今まで10年以上使っていたドミから引っ越したばかり。
引っ越し作業がどうにか完了して、開催の運びになりました。
We had moved to new dorm from old one which we had used for more than 10 years.
We at last had finished setting up new dorm, so we can hold the party at that place.


今回は、21-4次隊と22-1次隊(現職参加組)の合計9人。
The number of person who leave this time is 9. 22-1 batch, who have participated as incumbent person and 21-4 batch.


一人一品持ち寄ったおかげで、アジスアベバと思えない豪華な(と言ってもアジス目線で言ったらの話ですが)食事会となりました。
We except the person who leave this time were obligated to bring one dish, therefore the party looked so luxury. (Of course we stay at ETHIOPIA and we have been struggling to get everything nice.)


20120330.jpg

首都にいる隊員でも日本とはやはりがっつき具合が違います。
We guzzled food even one who live in the capital compared with one who live in Japan.


しばしがっついた後は、後輩隊員によるエチオピアお笑いグランプリ。9組の猛者たちが、身体をはり、自分をさらけ出して、笑いをとってくれます。
We enjoyed competition of comedy after guzzling food. 9 participants of groups tried to let us laugh.


帰る前に日本に順応する準備ができたような気分でした。
I felt I got preparation for adjusting Japan before back to Japan.


お開きになった後も、昼開催ということもあり、ちょっとまったりお茶を飲んだり、アイスを食べたり。後輩隊員や事務所の職員の方々に感謝です。
We enjoyed drinking tea, eating ice etc after closing party because party was set around noon. I really thanks to remaining JOCV and officers of JICA office in Ethiopia.

あとちょっと a few days remains

626th day in Ethiopia



少し前に任地を引き上げたと思ったら、エチオピアも残りあとわずか。
I have thought I left my assignment town, Merawi just a littel before, but it remains few days for me in Ethiopia.


首都では、協力隊事業でお世話になっている関係省庁(Ministry of Finance and Economic Development)や日本大使館を訪問したり、JICA事務所の所長と調整員と面談したり。
In Addis Ababa, I visited the Ministry of Finance and Economic Development which deals with program of JICA voulnteer, Japan Embassy.  I was interviewed by the chief and voulnteer coordinator of JICA office in Ethiopia.


なかなか忙しい。
I was busy.


一昨日は、最終報告会でした。
I presented final report two days before.


個人的には私の活動にはちっとも満足いきません。
I am NOT satisfied with my activity at all.


協力隊員の目標設定は個人々々で同じとは思いません。
それは隊員のバックボーンが違うから。
I don't think targets of JOCV are same in each JOCV.
'Cause each background is different.


私は現職の教師として来ている以上、やはり目標は高く設定していました。
I set the target higher as professional teacher.


残念ながら私としては、目標を達成することはできませんでした。
I'm sorry that I cannot achieve my objective.


もちろん成果はそれなりにあることはありますが、とても満足いくものではありません。
Of course, I got some results but it's not enough for me.


日本に帰って少しでもこの経験をいろいろな形で日本社会に還元していくのが今後の私の使命です。
Next my mission is that I return my experience to society in Japan.

貧国雑感 thoughts about poor countries

563rd day in Mer'awy / 610th day in Ethiopia
22 / 06 / 2004EC

少し前ですが、2月の頭にマラウィ、タンザニアに旅行に行きました。
A couple weeks ago, at the beginning of Feb. I have been to Malawi and Tanzania for sightseeing.

マラウィでは同期の地方隊員の家に泊めてもらいました。

現地隊員曰く、マラウィはないないづくしの国。
In Malawi I stayed at the other JOCV's house. They and I are companies who were trained together in Japan for two month.
They said they can hardly find anything in Malawi.

確かに地方は、エチオピアとあんまり変わらない。いろいろなものがないし、システムももうひとつ、インフラももうひとつといった感じ。
I surely felt that it is very similar in local area between Ethiopia and Malawi. There are few goods, poor systems and poor infrastructure.

国そのものが援助頼み。なのに援助国ともめて、日本以外の援助はストップしている状態。なもんでいろいろと困った状態が続いているわけです。
National government cannot run their country without foreign assistant. Yet, the government has problem with support countries, therefore all countries except Japan stop to support now. Malawian people have faced serious problem.

そんなマラウィも、首都に行けば、南ア資本の巨大なスーパーが。中は日本で売っているものと遜色がない。もちろん高い。だが金さえあれば手に入る。
Even in this situation, you can find giga-store established by South African capital in the capital. You can find same products as in Japan. Of course, the prices are very expensive. You can buy them if you have money.

外国人のお客より現地人のお客の方が多い。つまりそれだけお金のある人がいる。一方地方ではないないづくし。
You can find local people rather than foreign people in the store. It can be said that there are many rich people. On the other hand, people have nothing in local area.

格差という言葉は、日本でのそれよりはるかにでかい。
The GAP between rich and poor is much bigger than in Japan.

エチオピア観光 sightseeing in Ethiopia

525th day in Mer'awy /  573rd day in Ethiopia
15 / 05 / 2004EC



先週金曜日はエチオピアは祝日でした。
アムハラ語でティムカット,日本語で公現祭というキリスト教の祭日です。
Last Friday is holiday.
It was Christian holiday called Timqat in Amharic or Epiphany in English.


3連休となるので,このティムカットのイベントで有名なゴンダール,そしてついでに,岩窟教会郡で有名なラリベラを観光してきました。
There were three consecutive holidays, so I traveled Gondar where it is very famous about event of Timqat and Lalibera where it is very famous about carved churches.


それぞれ世界遺産ということもあり,なかなか見応えがありました。特にゴンダールのティムカットのイベントは,本当におもしろい。
There are UNESCO world heritages, respectively.  They were worth to go.  Especially, Event of Timqat in Gondar was wonderful.

写真はこちら
you can check photos here.



見ててなかなか飽きませんでした。
I never get tired of observing them.


ちなみに公現祭自体はキリスト教徒といえみんな詳しいわけじゃないみたいですね。
Not all Christian knows Epiphany well.


出会ったカナダ人は,公現祭はあんまよくわかんないんだ,なんて言ってましたから。
A Canadian, who I met in Gondar, said he didn't know it well.



さて本題。
Anyway, I enter into the main topic.


エチオピアの世界遺産いくつあるかご存知ですか。
Do you know how many world heritages in Ethiopia?


なんと8つもあるんです。しかも7つが文化遺産。
ケニアやタンザニアのような大自然はちょっと期待されても困るんですが,アラブでもないし,ブラックアフリカでもない独自の文化を色濃く残すこの国を観光するのはなかなか楽しいんです。
There are 8 in Ethiopia!  7 of 9 are cultural heritage.
You might be disappointed if you want to see vast of nature like Kenya, Tanzania, etc. but you
 might feel fun to observe unique culture which is different from Arabian one nor black-African one.


で・も・・・
BUT,,,


どうも私の目にはこのせっかくの遺産を利用しきれていない。というか,観光客をバカにしてるのかと思うこともしばしば。
In my perspective, Ethiopia cannot use these heritages well.  I sometime feel that Ethiopian don't know what tourists want.    


例1)
最寄りの空港にて。
出発便が遅れてもアナウンスなどの告知がない。そして突如始まる搭乗。これもアナウンスがない。1日に1便が1都市にしか飛ばないのなら問題ないだろうが,似たような時間に違う便がある場合などに,搭乗口で大混乱。
Example 1
At nearest airport:
There is no information like announcement even when departure flight is delayed.  It suddenly starts boarding.  Of course, without announcement.  There might be no problem if there would be only one flight to one destination.  It falls into confusion when there are flights near time.



例2)
レストランにて。
英語表記のメニューと,アムハラ語表記のメニューの値段が違う。ひどいときは倍以上だ。アムハラ語の読める私が文句を言えば,「お前は外国人だから・・・」
『外国人のお客様には別料金を払ってもらいます』なんて表記ないぞ。
Example 2
At a restaurant
The price in menu between in Amharic and in English is different.  Sometime it differes twice.
I can read Amharic and claim it, waitress says "You are foreigner, so you should pay foreigner' price".
I cannot find sentence "Foreigner should pay foreigner's price" on any menus.



例3)
ホテルにて。
エチオピアで50ドル以上払って宿泊するホテルは中級以上だ。だがそんなホテルでも,シャワーの水が出ない,出ても温水が出ない,トイレの水が流れない,なんてよくあること。設備があまりに貧弱すぎる。他国の50ドルのホテルと比べるとちょっと払う価値がない。また空港で送迎無料と聞いてホテルまで行ったら,お金を請求されたなんてことも。
Example 3
At hotel
Hotel where you pay more than 50 USD per night is over middle class.  Even in such hotel, it is not rare to see that shower doesn't run, no hot shower, no splashing in toilet, etc.  Facility is too poor.  It is not worth to pay compared with other country. 
I was asked to pay fee when I ordered transport from airport to hotel 'cause I saw the signboard "Free transport to the hotel".



例4)
遺跡にて1。
やたらと高いことがある。まぁユネスコの援助で修復してるぐらいだし,少々高いのは世界遺産の場合他国でもあるのでしょうがない。しかし,外国人が1500円ほど払わないといけないのに,エチオピア人がタダってどういうことだ。
確かに現役の教会だから,信者から金を取れないという理屈もわからんこともないが,あきらかにエチオピア人でも観光客とおぼしきやつがいっぱい来てるではないか。
額に差があるのはよく見るが,タダというのは初めてだ。
Example 4
At ruin vol.1
Sometime you need to pay much expensive entrance fee.  It cannot be helped to pay considering that UNESCO supports to prepare it and that you need to pay much money in other country also.
I hardly understand that Ethiopian are free though foreigner should pay about 20 USD.
I know the idea that it is not easy to ask believers to pay entrance fee.  BUT I found many Ethiopian tourists came just to observe.  I found there were differences between foreigner and locals in many country but it's for the first time to see the fact that locals don't need to pay.


例5)
遺跡にて2。
遺跡の入口がよくわからない。うろうろ迷うことしばしば。なぜなら表示がないから。
Example 5
At ruin vol.2
It is not easy to find entrance.  You often lose your way.  BECAUSE there is no sign.


例6)
観光案内所にて。
いくつか遺跡が点在しているのに,地図がない。配る地図がないのはがまんしよう。だが看板さえない。ガイドブックなしでは,ガイド雇わないととてもじゃないが見て回れない。
Example 6
At inform office
There is no map even though ruins are not gathered one point.  No distribution map? OK, no problem.  But you cannot find even sign board.  You might miss to see wonderful ruins if you don't hire guide.




私,これまでエチオピア以外に30カ国旅行しました。そのほとんどが発展途上国です。多くの遺跡や景勝地を見てきました。
I have traveled 30 countries except Ethiopia.  Most of all are developing countries.  I saw many ruins and vast of nature.


エチオピアほど文化遺産を持っている国はなかなかないんです。
It is not easy to find the country such Ethiopia which you can see many cultural heritage.


でもあまりにもったいない。
Ethiopia doesn't utilize effectively.

私はとても手放しで友人知人にエチオピアを勧められない。
I don't recommend Ethiopia to my friend without terms.

観光客,特に旅慣れた観光客をイラっとさせる要素が多すぎる。
There are many factors which make tourists, especially well-experienced tourists, feel irritated.

お隣のケニアは,観光が多くの雇用を生み,国にいかに外貨をもたらすのかをよくわかっているように見受けられる。
It seems that neighbor country, Kenya, knows sightseeing industry makes big employment and gets foreign currency.


その点,エチオピアはまだまだだ。
Ethiopia? Not yet.

逆にそのことに気づけば,エチオピアは有望な観光立国となりうると思うんだが。
Ethiopia would be national commitment to sightseeing if Ethiopia will notice.


 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。